日本バスケットボール協会公式ユニフォーム規定

公式に定められている規定の内、注意が必要な部分を以下にまとめました。
その他の規定についてはこちらをご確認ください。

[ユニフォームの色彩]

各チームは、淡色と濃色の2種類以上のシャツを用意しておかなければならない。

  • 淡色のシャツの色は「白色」が望ましい。
  • 濃色のシャツは白色以外の「濃い色」でなければならない。
  • チーム・メンバー全員が同じ色、同じデザインのシャツを着用しなければならない

「ゴールド(金色)」、「レモン・イエロー(黄色)」などの色については,次のとおりとする。

  • 濃色として用いるときは、相手チームが着用する白色やそのほかの淡色のシャツとはっきりと区別できる濃い色合いのものでなければならない。
  • 淡色として用いるときは、相手チームが着用する濃色のシャツとはっきりと区別できる淡い色合いのものでなければならない。
  • 1チームが同じ色を「淡色」としても「濃色」としても用いることは認められない。

「グレー(灰色)」、「シルバー(銀色)」は淡色としても濃色としても認められない。
ただし、番号や切替、付属などについては、これらの色を用いてもさしつかえない。

[ユニフォームへの表示]

チーム・メンバーは、シャツの前と背中の見えやすい位置に、シャツの色とはっきりと区別できる単色の番号を付けなければならない。

  • 前の番号は中央に付けなくてもよい。
    ただし、番号を見えにくいところに付けてはならない。

番号の色は、シャツの色と対照的な色でなければならない。

  • 番号の色は、縁取りや縫い取りがない番号単独の状態でもはっきりと見える対照的な色のものでなければならない。

シャツの前の部分には,次の(1)、(2)のマーク、ロゴを付けることができる。

  1. チーム名、チーム・ロゴ
  2. チームのマーク
  • マーク、ロゴを付ける場合は、チーム・メンバー全員が同じ色、同じデザインのマークやロゴを付けなければならないし、いかなる場合でも、シャツの色および番号がわかりにくくなるような大きさやデザインのものは認められない。

シャツの背中の部分には,次の(1)?(3)のマーク、ロゴを付けることができる。

  1. チーム名、チーム・ロゴ
  2. 都道府県・都市・地域名
    例: “TOKYO”、“東京”、“Itabashi”、“ITABASHI”、“板橋”、…
  3. プレイヤーの名前(姓/名あるいはコート・ネームなどにチーム内で統一すること)
    例: “Hirano”、“HIRANO”、… または“Akio”、“AKIO”、…
  • マーク、ロゴを付ける場合は,チーム・メンバー全員が同じ色,同じデザインのマークやロゴを付けなければならないし、いかなる場合でも、シャツの色および番号がわかりにくくなるような大きさやデザインのものは認められない。

パンツには次の(1)?(4)のマーク、ロゴを付けることができる。

  1. チーム名、チーム・ロゴ
  2. チームのマーク
  3. 都道府県・都市・地域名
  4. プレイヤーの名前(姓/名あるいはコート・ネームなどにチーム内で統一すること)
  • マーク、ロゴを付ける場合は、チーム・メンバー全員が同じ色,同じデザインのマークやロゴを付けなければならないし、いかなる場合でも、パンツの色がわかりにくくなるような大きさやデザインのものは認められない。

※公式の大会等に出場しないチームは、チームの所属する団体や大会運営者に問い合わせられることをオススメします。