日本バスケットボール協会公式ユニフォーム規定

公式に定められている規定の内、注意が必要な部分を以下にまとめました。
その他の規定についてはこちらをご確認ください。(ユニフォームおよびチームの身に着けるものについてはこちら)

[ユニフォームの色彩]

ユニフォームの規則における基本的な原則は、次のとおりとする。

      • 両チームがはっきりと識別できること。
      • プレーヤーの番号が審判とスコアラーにはっきりと見えること。

各チームは、淡色と濃色の2種類以上のシャツを用意しておかなければならない。
シャツおよびパンツの色は、前面および背面の主となる色が同じ色でなければならない。
対のシャツおよびパンツの色は、主となる色が同じ色でなければならない。

      • 淡色のシャツの色は「白色」が望ましい。
      • 濃色のシャツは白色以外の「濃い色」でなければならない。
      • チーム・メンバー全員が同じ色、同じデザインのシャツを着用しなければならない

「ゴールド(金色)」、「レモン・イエロー(黄色)」などの色については,次のとおりとする。

      • 濃色として用いるときは、相手チームが着用する白色やそのほかの淡色のシャツとはっきりと区別できる濃い色合いのものでなければならない。
      • 淡色として用いるときは、相手チームが着用する濃色のシャツとはっきりと区別できる淡い色合いのものでなければならない。
      • 1チームが同じ色を「淡色」としても「濃色」としても用いることは認められない。

「グレー(灰色)」、「シルバー(銀色)」は淡色としても濃色としても認められない。
ただし、番号や切替、付属などについては、これらの色を用いてもさしつかえない。

[ユニフォームへの表示]

シャツの前面および背面には、シャツの色と異なり、明確に識別できる色で各チームメンバーに割り当てられた番号を付けなければならない。なお、パンツに選手番号を付けることはできない。
選手番号は、「0」から「99」までの整数および「00」のいずれかの数字を使用するものとし、「01」または「02」など、「00」以外の先頭に「0」を付けた数字を使用することはできない。

      • 番号の色は、縁取りや縫い取りがない番号単独の状態でもはっきりと見える対照的な色のものでなければならない。

選手番号以外でユニフォームに付けることができるものは次の各号のとおりとする。

      1.  チーム名
      2.  チームロゴ
      3. 製造メーカーロゴ
      4. 都道府県・都市・地域名
      5. チームメンバー名
      • 前項のものを付けることができる位置等の詳細は、下の表の通りとする。
      • サイズおよびデザインは、全てのチームメンバーで統一しなければならない。
      • ユニフォームの色または選手番号を判別し難くなるサイズやデザインのものは認められない。
位置/数 サイズ その他
チーム名 ・シャツ前面に1箇所
かつ2行以内
・シャツ背面に1箇所
かつ2行以内
・1行の場合、高さは
「8cm」以内
・2行の場合、高さは
各行「6 cm」以内
チームロゴ ・シャツ前面に1箇所
・パンツに1箇所
・1箇所あたり「20㎠」
以内
メーカーロゴ ・シャツ前面に1箇所
・パンツに1箇所
・1組のソックスに各1箇所
・1箇所あたり「20㎠」
以内
都道府県・都市・地域名 ・シャツ前面(選手番号の上部)に1箇所かつ2行以内
・シャツ背面(選手番号の上部)に1箇所かつ2行以内
・1行の場合、高さは
「8 cm」以内
・2行の場合、高さは
各行「6 cm」以内
TOKYO、Tokyo、

東京、Nerima、

NERIMA、練馬など

チームメンバー名 ・シャツ背面に1箇所かつ1行のみ ・高さは「6 cm」以上「8 cm」以内 姓/名またはコートネームなど、
表記の種類をチーム内で統一すること
Hasegawa、

HASEGAWA、
長谷川、Takashi、

TAKASHIなど

※公式の大会等に出場しないチームは、チームの所属する団体や大会運営者に問い合わせられることをオススメします。